MURORAN

世界がまだ知らない
室蘭を
撮りに行こう。

北海道、室蘭市。
「鉄の町」として知られるこの地には、
日本中が、世界中がまだ知らない魅力がある。
それは、「被写体」としての魅力だ。

ふと日本にいることを忘れさせる
北の大自然がつくり出した絶景。
まるで要塞のように新旧の工場群がそびえる
鉄鋼をはじめとする産業が作り出した絶景。

相反するふたつの絶景が奇跡的に共存するこの町を、
みんなの手で、みんなの写真で表現しよう。

24時間滞在型フォトコンテスト MURORAN 撮りFES
24時間滞在型フォトコンテスト MURORAN 撮りFES

主催:撮りフェス in 室蘭 実行委員会
(室蘭市・室蘭商工会議所・(一社)室蘭観光協会)
後援:北海道開発局室蘭開発建設部・
北海道運輸局室蘭運輸支局・室蘭海上保安部
・北海道胆振総合振興局・NHK室蘭放送局・北海道新聞 室蘭支社・室蘭民報社・
室蘭まちづくり放送株式会社
特別協賛:キヤノンマーケティングジャパン(株)・(株)ニコンイメージングジャパン
運営本部:室ガス文化センター
北海道室蘭市幸町6-23

EVENTイベント

7/6sat
  • 12:00
  • 13:15
  • 14:00
  • 運営本部にて受付開始
  • 開会式・オリエンテーション
  • 撮影開始
7/7sun
  • 14:00
  • 14:30
  • 16:50
  • 撮影終了
  • 作品講評
  • 閉会式

※雨天決行です。
※スケジュールは変更になる可能性があります。
※参加者の方は、必ず運営本部でエントリー受付を済ませてから撮影を始めて下さい。エントリー受付を行わないと作品を提出できません。
※途中からの参加も可能ですが、必ず運営本部でエントリー受付を行ってから撮影を始めて下さい。

賞について

大賞 1点 10万円 + D3500レンズキット
準大賞 2点 5万円+副賞
各審査員賞 各1点 賞品
室蘭市長賞 1点 賞品
室蘭商工会議所 会頭賞 1点 賞品
室蘭観光協会 会長賞 1点 賞品
北海道新聞 室蘭支社賞 1点 賞品
室蘭民報賞 1点 賞品
入選 数点 賞品

[審査結果] 審査員による審議の上、11月中旬Webサイトにて発表いたします。

PREMIUM SPOT

プロ写真家とのツアーや講座、
室蘭市内の普段撮影することできないスポットを解放します。

※人数制限があるスポットは、事前抽選を行います。詳細はエントリーページにてご案内いたします。

  • 01浅田政志
    + ぶらり室蘭ツアー

    古き良き時代の雰囲気をよく残している室蘭市街を、浅田政志氏と一緒に回るツアー。街の人も巻き込んで一緒に楽しみましょう!

    [撮影日時] 7/6(土) 16:00-18:00
    [定員] 20名(抽選)
    [料金] 無料

  • 02ケント白石 + 科学的写真術・プロ用モニター講座

    最新の写真を取り巻く現状や機材、作品作りの考え方から、プロ写真家にとって重要な道具の1つであるモニターの解像度や色について、DELL製、EIZO製のモニターを使って講演。

    [日時]
    7/6(土) 14:15-15:00・7/7(日) 11:00-11:45
    [定員] 各20名(抽選)
    [料金] 無料

  • 03小林哲朗 + 夜景ツアー×ドローンライブ

    夜景スポットを巡るバスツアーとドローンの視点から見た室蘭の夜景をライブで実演。夜景をより美しく撮るためのテクニックや、ドローンの基礎知識を学ぼう!

    [撮影日時] 7/6(土) 18:00-20:00
    [定員]30名(抽選)
    [料金] 500円

  • 04白鳥大橋主塔

    東日本最大の吊り橋「白鳥大橋」を支える主塔。通常は入ることができない、橋を支える主塔の中間地点(高さ約100m)から撮影。

    [撮影日時] 7/7(日) 9:30-12:00
    [定員] 20名(抽選)
    [料金] 500円
    [協力] 北海道開発局室蘭開発建設部

  • 05NHK室蘭放送局

    屋上(抽選)

    放送局屋上の天気カメラで中継される光景を特別公開。

    [撮影日時] 7/6(土) 18:30-20:00
    [定員] 30名(抽選)

    施設開放

    3階を展望スペースとして開放。中継車公開や8K高画質の体感コーナーもお楽しみに。

    [撮影日時]
    7/6(土) 14:00-20:00
    7/7(日) 10:00-14:00
    [定員] 制限なし(参加証提示)

    [料金] 無料
    [協力] NHK室蘭放送局

  • 06道央自動車道 本輪西展望所

    高速道路の展望所から、さらに高所作業車に乗り標高170mから普段見ることができない角度で室蘭港の夜景を撮影。

    [撮影日時] 7/6(土) 19:30-21:10
    [定員] 20名(抽選)
    [料金] 無料
    [協力] NEXCO東日本 室蘭管理事務所グループ

  • 07チキウ岬灯台前広場

    年に数回しか開放されないチキウ岬灯台の広場を、特別に開放。海抜約100mの断崖絶壁に立つ灯台の敷地から、太平洋をパノラマで望める絶好のロケーション!

    [撮影日時] 7/7(日) 9:00-12:00
    [定員] 制限なし(参加証提示)
    [料金] 無料
    [協力] 室蘭海上保安部

  • 08旧三菱合資会社室蘭出張所

    日本遺産「炭鉄港」の構成文化財。大正4年(1915年)に建てられた築104年の木造洋館をライトアップするとともに、キャンドルの灯りに照らされた建物内部を公開。

    [撮影日時] 7/6(土) 18:30-21:00
    [定員] 制限なし(参加証提示)
    [料金] 無料
    [協力] (一社)むろらん100年建造物保存活用会

  • 09旧札幌通り歴史街歩きツアー

    室蘭港開港の地を始め、明治大正の歴史を感じる徒歩でのまち歩きツアー。旧室蘭駅舎は日本遺産「炭鉄港」の構成文化財に認定。

    [撮影日時] 7/7(日) 10:00-12:00
    [定員] 30名(抽選)
    [料金] 無料
    [協力] 蘭歴建見会

  • 10市立室蘭水族館

    昭和28年(1953年)開館、道内最古の市立室蘭水族館。観覧車やペンギン、トドのショーなど無料開放。通常営業していない夜間も特別開放!

    [撮影日時]
    7/6(土) 14:00-16:30、18:30-21:00
    7/7(日) 9:30-14:00
    [定員] 制限なし(参加証提示)
    [料金] 無料

  • 11室蘭市青少年科学館

    プラネタリウム

    星座も見ながら撮影もできるロマンチックでプレミアムな体験。

    [撮影日時]
    7/6(土) 15:45-16:30
    7/7(日) 10:00-10:30
    [定員] 60名(抽選)

    施設開放

    子どもも大人も楽しめるレトロで懐かしい科学館を無料開放!

    [撮影日時]
    7/6(土) 15:30-17:00(最終入館16:30)
    7/7(日) 9:45-11:30(最終入館11:00、11:30以降も館内にいる場合は入館料が必要。)
    [定員] 制限なし(参加証提示)

    [料金] 無料
    [協力]NPO法人科学とものづくり教育研究会かもけん

  • 12楽山山頂(知利別浄水場)

    海抜約80mの山頂にある知利別浄水場の敷地を開放。眼下の市街地の向こうに製鉄所と測量山を望む大パノラマを撮影可能。

    [撮影日時] 7/6(土) 15:00-18:30
    [定員] 制限なし(参加証提示)
    [料金] 無料
    [協力]室蘭市水道部

NIKONニコンカレッジ

プロカメラマンがカメラの基礎から実践テクニックまで教える写真講座が、撮りフェスin室蘭で特別開催。通常、有料の講座が無料で受講できます。

  • 浅野久男

  • 渡辺可緒理

  • 上原稔

Nikon Zシリーズ お試し体験

講座受講でご希望の方は、Nikon Z 7もしくは Z 6 + NIKKOR Z 24-70mm f/4 Sレンズを無料貸し出しいたします。先着20台限定。ぜひお試しください。

  • 13日本製鋼所室蘭製作所 構内撮影講座

    工業都市室蘭ならではの被写体を開放。明治期に建設された赤レンガ造りの「旧火力発電所」と迎賓館「瑞泉閣」は、日本遺産「炭鉄港」の構成文化財。

    [撮影日時] 7/6(土) 15:00-17:00
    [定員] 30名(抽選)
    [料金] 500円
    [協力](株)日本製鋼所 室蘭製作所・(株)ニコンイメージングジャパン

  • 14サンセットクルージング

    大黒島に沈む夕日から、白鳥大橋や工場夜景など、港町室蘭を海上から見るクルージングを特別価格で。

    [撮影日時] 7/6(土) 18:45-19:45
    [定員] 30名(抽選)
    [料金] 1,000円
    [協力] スターマリンKK・(株)ニコンイメージングジャパン

  • 15中央町散歩スナップ講座

    開港時から現在までさまざまな被写体が混在している中央町地区を街歩き。ファインダーを通すと新しい発見が待っているかも。

    [撮影日時] 7/7(日) 10:00-12:00
    [定員] 20名(抽選)
    [料金] 無料
    [協力] (株)ニコンイメージングジャパン

NiSi16
NiSiフィルター
体験ワークショップ

安彦嘉浩

夕景を綺麗に撮るためのフィルターワークショップ。
NiSiフィルターの貸し出しも行います。

  • [撮影日時] 7/6(土) 17:30-19:30
  • [定員] 12名(抽選)
  • [料金] 無料
  • [参加条件]
    三脚をお持ちでない方や口径の小さいレンズ(49mm以下)の方は参加できません。ご注意ください。
  • [協力] NiSi Filters Japan

Wanishi Art Street Project
-輪西アートストリートプロジェクト-

輪西町のシャッター街を6台のプロジェクターとライトで彩ります。古き良き時代から現代の姿まで、さまざまな時代や方法の映像が流れます。ケント白石プロデュース企画。

  • [撮影日時] 7/6(土) 19:30-22:00
  • [住所] 北海道室蘭市輪西町8条仲通り
  • [料金] 無料

SPECIAL GUEST7/7 14:30~

作品提出終了後の7/7 14:30からはプロ写真家の方による作品講評&トークを行います。

  • 浅田 政志

    PROFILE

    1979年三重県生まれ、写真家。自らも被写体となった家族写真集『浅田家』(赤々舎刊)で第34回木村伊兵衛写真賞を受賞。日本各地の市井の人々を撮影するアートプロジェクトにて精力的に活動をしている。著書である『浅田家』、および『アルバムのチカラ』(赤々舎刊)を原案とした映画、『浅田家(仮)』を2020年に公開予定。

  • 山岸 伸

    PROFILE

    俳優・アイドル・スポーツ選手などのポートレートを中心に、広告・グラビア・写真集・雑誌撮影など、幅広く活躍。とかち観光大使として、ばんえい競馬をはじめ、幸福駅パッピーセレモニーなど撮影で貢献している。『Kao‘s』『瞬間の顔』『世界文化遺産 賀茂別雷神社(上賀茂神社) 第四十二回式年遷宮 ~正遷宮迄の道~写真展を開催。

  • 山口 一彦

    PROFILE

    東京都出身。室蘭をライフワークとして風景・人物を撮影。「室蘭」・「室蘭の顔」を全国巡回写真展、室蘭市民美術館で開催し同時に各写真集を出版。都内の路線バス車内で「走る室蘭」写真展開催。NHK室蘭特集に特別出演。軽井沢観光会館で「室蘭in軽井沢」写真展開催。室蘭民報社第1回「まち・ひと活力大賞」受賞。室蘭ふるさと大使・カレーラーメン大使。日本写真家協会会員。

  • ケント 白石

    PROFILE

    北海道札幌市出身。現在は美瑛町に在住。美瑛町の「青い池」の写真が、2011年Web上で開催される米国National Geographic社の国際フォトコンテストに日本人として初めて入賞。その後日本人として初めて米国アップル社の広告に採用され、8年間iPhone、MacBook Pro、iPad、iPodの壁紙になる。「青い池」は世界的に有名になり、さらに凍る青い池を冬期間ライトアップをプロデュースすると瞬く間に世界で話題となり、青い池に関する一連の作品はWeb上で19ヶ国語に翻訳され世界中で鑑賞されている。写真家・SAMURAI Photographerとして世界に通用する発信力に拘り、また北海道を世界的な観光地にするために、日々作品創作しながら世界に発信中。

    ケント白石氏より、2019もプレゼントが!

    7日当日、ケント氏が講評で「ケント白石賞」を決定!優秀作品にはEIZO製モニターをプレゼントします。製品の内容は当日までお楽しみに!

MURORAN 00:00:00

MURORAN 00:00:00

MURORAN 00:00:00

MURORAN 00:00:00

MURORAN 00:00:00

MURORAN 00:00:00

JUDGE審査員

  • 葛西 薫/Kasai Kaoru

    アートディレクター

    1949年札幌生まれ。1968年室蘭栄高等学校卒業。(株)サン・アド アートディレクター。サントリーウーロン茶中国シリーズ、ユナイテッドアローズの広告制作、虎屋の店舗やパッケージのアートディレクションの他、映画演劇の宣伝制作、装丁など活動は多岐にわたる。近作に、「クレーの日記」(編:W・ケルステン/訳:高橋文子 みすず書房)、「The Music of Color」(志村ふくみ著「色を奏でる」英訳版 出版文化振興財団)の装丁などがある。

  • 辻 佐織/Tsuji Saori

    写真家

    1971年札幌生まれ。1990年室蘭清水ヶ丘高等学校卒業。1999年、フリーランスカメラマンとして独立。東京をベースに広告、書籍、雑誌エディトリアルの撮影で活躍。最近の主な仕事に、au「意識高すぎ高杉くん」、Panasonic「ふだんpremium」、サッポロビール「麦のくつろぎ」、「J!NS」などのGR広告がある。

  • 藤井 保/Fujii Tamotsu

    写真家

    1949年生まれ。1976年藤井保写真事務所を開設。広告写真のみならず、写真家としての作品も精力的に発表し続けている。earth music and ecologyのグラフィック広告(2010~2018)と野村証券(NOMURA)のCMを室蘭で撮影。近作に、NHKドラマ「軍師官兵衛」「あさが来た」「眩(くらら)~北斎の娘~」等ドラマ番組宣伝ポスター、大塚製薬ボディメンテCF、三井リハウスCF&グラフィックスなどがある。展覧会、出版物、受賞歴等多数。

  • 山口 一彦/Yamaguchi Kazuhiko

    写真家

    東京都出身。室蘭をライフワークとして風景・人物を撮影。「室蘭」・「室蘭の顔」を全国巡回写真展、室蘭市民美術館で開催し同時に各写真集を出版。都内の路線バス車内で「走る室蘭」写真展開催。NHK室蘭特集に特別出演。軽井沢観光会館で「室蘭in軽井沢」写真展開催。室蘭民報社第1回「まち・ひと活力大賞」受賞。室蘭ふるさと大使・カレーラーメン大使。日本写真家協会会員。

  • 浅田 政志/Asada Masashi

    写真家

    1979年三重県生まれ、写真家。自らも被写体となった家族写真集『浅田家』(赤々舎刊)で第34回木村伊兵衛写真賞を受賞。日本各地の市井の人々を撮影するアートプロジェクトにて精力的に活動をしている。著書である『浅田家』、および『アルバムのチカラ』(赤々舎刊)を原案とした映画、『浅田家(仮)』を2020年に公開予定。

  • 小林 哲朗/Kobayashi Tetsurou

    夜景写真家

    1978年兵庫県生まれ。工場、巨大建造物、地下空間、その他ポートレートも手掛けるなど、ジャンルを問わず撮影をしている。ドローンによる空撮にも力を入れている。写真集「夜の工場百景〜ドローン空撮写真集〜」など6冊、工場撮影ガイド本を1冊出版。撮影の他、カメラ雑誌への執筆、各地で行われる撮影イベントの講師や、工場写真についての講演会なども行っている。

ENTRYエントリー

エントリーの事前受付を終了いたしました。

今年も多数のエントリーありがとうございました。
当日受付もございますので、ぜひお越しください。

参加資格:プロ・アマ・国籍を問いません。
撮影機材:デジタルカメラ・フィルムカメラ・スマートフォン・ドローン※各機材併用可
定員:600名※先着順となります。
事前申込:3,000円(税込)※高校生以下1,000円
当日申込:3,500円(税込)※高校生以下1,200円

2019 参加規約

応募作品は室蘭のPRに
使用させていただきます。

みなさんが応募された作品は、室蘭に関連する出版物、
Webサイト、広告、宣伝等で使用させていただきます。
みなさんの視点で室蘭の魅力を切り取ってください。

DISPLAY展示ブース

どなたでも参加OK

みんなで撮りフェスを楽しもう!

撮りフェスでは、写真に関わる最新の製品の展示や体験など、
参加者以外にも楽しめる催しを用意しています。
エントリーされなかった方も、ぜひ撮りフェスin室蘭を楽しんでください。
会場:運営本部 室ガス文化センター [北海道室蘭市幸町6-23]

Canon PIXUS -プリント体験-

当日の会場に設置したPIXUSで、お好きな写真を1枚スクエアサイズ(89mm×89mm)でプリント。会場内の展示スペースにプリントした写真を貼り出します。最優秀作品1点には、PIXUS賞としてキヤノンマーケティングジャパン(株)より、インクジェットプリンターPIXUS XK80が贈呈されます。撮りフェス参加者以外の方でも参加できます。スマートフォンで撮影した写真もOK!
※1名様1枚限り

PIXUSプリント体験 受付時間
7/6(土) 14:00~22:00/7/7(日) 10:00~18:00

PIXUS賞

Canon PIXUS XK80

DELL -8Kモニター展示-

EIZO -モニター展示-

NiSi Filters Japan
-角型フィルター、フィルターホルダーの展示、
貸出しなど-

同時開催イベント
「鶏フェス」
室蘭の飲食店が撮りフェス期間中に特別な料理を
提供する企画「鶏フェス」。ぜひご賞味ください。

ABOUT室蘭について

室蘭港を中心にすり鉢状の地形をしている
室蘭には、
北の大地ならではの自然美と
「鉄の町」ならではの工場群が共存しています。

室蘭の語源は、アイヌ語で
「モ・ルエラニ(小さな・下り路という意味)」。
名前の通りとても坂道の多い場所のため
比較的コンパクトなエリアながらも少し歩くだけでもめまぐるしく景色が変わる、
「被写体」としての魅力にあふれた町です。

CONTACTお問い合わせ

撮りフェス in 室蘭 実行委員会
(一般社団法人 室蘭観光協会内)

TEL 0143-23-0102(8:00~19:00)
E-mail info@tori-fes.com

Supported by

広告協賛一覧