イベント概要

撮りフェス in 室蘭 2016

9/17 sat 15:00 - 9/18 sun 15:00

優秀作品は室蘭のPRに使用させていただきます。
みなさんに応募いただいた作品は、室蘭に関連する広告、宣伝、出版物、ホームページ等で使用させていただきます。
みなさんの視点で室蘭の被写体としての魅力を切り取ってください。

主催 : 撮りフェス in 室蘭 実行委員会
後援 : 室蘭市
運営本部 :(一社)室蘭観光協会 北海道室蘭市海岸町1丁目5番1号

News

  • 2016/11/26〜12/9    受賞作品展開催中 [道の駅「みたら」北海道室蘭市祝津町4-16-15]

Schedule

9/17(sat)

13:00  運営本部にてエントリー受付開始・プレミアムスポット抽選受付
14:30  開会式・オリエンテーション・プレミアムスポット抽選結果発表
15:00  コンテスト開始

9/18(sun)

10:00  作品展示開始(室蘭観光協会にて) 15:00  撮影・作品受付終了
15:30  審査員による作品講評・閉会式

※ 雨天決行です。
※ 参加者の方は、必ず運営本部でエントリー受付を済ませてから撮影を始めて下さい。 エントリー受付を行わないと作品を提出できなくなる可能性がありますので、予めご了承下さい。
※ 途中からの参加も可能です。その場合も必ず運営本部でエントリー受付を行ってから撮影を始めて下さい。

賞金

  • 大賞

    1点

    10万円 + Nikon 1 J5 標準パワーズームレンズキット

  • 準大賞

    2点

    5万円+副賞

  • パブリック賞

    1点

    5万円+副賞

  • 入選

    数点

    賞品

[審査方法]
審査員による審議の上、11月12日(土)にWEBサイトにて発表致します。9/18~10/7の期間、旧室蘭駅舎に提出作品を展示して一般市民による投票を行います。

[パブリック賞]
パブリック賞は、この投票結果と公式インスタグラム / 公式フェイスブックの「いいね!」の数によって決定致します。

プレミアムスポット

室蘭市を被写体として解放すべく、普段は撮影することができない絶景スポットを解放します。
※人数制限があるスポットは当日抽選を行います。

  • 白鳥大橋主塔 [抽選]

    関東以北で最大の吊り橋「白鳥大橋」。通常は絶対に入ることができない、その橋を支える主塔の上(約140m)から特別に撮影頂けます。

    [撮影可能時間] 18日 9:30~12:00
    [撮影人数] 定員20名

  • 陣屋除雪ステーション [抽選]

    JXエネルギー株式会社室蘭製造所のプラントを間近に見下ろすことが出来る撮影スポットで、 工場夜景ファンにはオススメです。

    [撮影可能時間] 17日 18:45~19:20
    [撮影人数] 定員80名

  • チキウ岬灯台前広場 [参加証]

    年に2回しか開放しないチキウ岬灯台の広場を、今回特別に開放いたします。海抜約100mの断崖絶壁に立つ灯台の敷地から、太平洋をパノラマて゛望める絶好のロケーションです。

    [撮影可能時間] 18日 10:00~14:00
    [撮影人数] 制限なし ※参加証提示が必要です。

  • 旧絵鞆小学校 ライトアップ [参加証]

    日本で十数か所しかない円形校舎。現在は廃校になっていますが、この歴史的建造物を特別にライトアップします。

    [撮影可能時間] 17日 18:00~21:00
    [撮影人数] 制限なし ※参加証提示が必要です。

  • 医療法人五紀会 室蘭太平洋病院 [抽選]

    室蘭太平洋病院は高台である白鳥台に建っており、室蘭の町を一望できる撮影スポットです。今回この病院の屋上を特別に開放いたします。

    [撮影可能時間] 18日 10:30~11:00 ※雨天時中止
    [撮影人数] 定員10名

審査員

  • 葛西 薫/Kasai Kaoru

    アートディレクター

    1949年札幌生まれ。1968年室蘭栄高等学校卒業。(株)サン・アド アートディレクター。サントリーウーロン茶中国シリーズ、ユナイテッドアローズの広告制作、虎屋の店舗やパッケージのアートディレクションなどを手がける。他に、映画演劇の広告美術、装丁など活動は多岐にわたる。近作に、映画「海よりもまだ深く」(是枝裕和監督)の広告制作。

  • 辻 佐織/Tsuji Saori

    写真家

    1971年札幌生まれ。1990年室蘭清水ヶ丘高等学校卒業。1999年、フリーランスカメラマンとして独立。東京をベースに広告、書籍、雑誌エディトリアルの撮影で活躍。主な仕事に、United Arrows「green label relaxing」企業広告、キューピー「defe」CM、北陸新幹線「Japanese beauty Hokuriku」CM、Panasonic「ふだんpremium」GR広告、Kracie「いち髪」GR広告など。

  • 姫野 希美/Himeno Kimi

    編集者

    2006年に赤々舎を設立。写真集、美術書を中心に120冊余りの書籍を刊行。第33回木村伊兵衛写真賞の志賀理江子「CANARY」、岡田敦「I am」、第34回同賞の 浅田政志「浅田家」、第35回同賞の高木こずえ「MID」「GROUND」、第38回同賞の百々新「対岸」、第40回同賞の石川竜一「絶景のポリフォニー」「okinawan portraits 2010-2012」などがある。2014年より東京工芸大学教授。

  • 藤井 保/Fujii Tamotsu

    写真家

    1949年生まれ。1976年藤井保写真事務所を開設。広告写真のみならず、写真家としての作品も精力的に発表し続けている。earth music and ecologyのグラフィック広告(2010~)と野村証券(NOMURA)のCMを室蘭で撮影。近作に、NHKドラマ「軍師官兵衛」「あさが来た」等ドラマ番組宣伝ポスターなどがある。展覧会、出版物、受賞歴等多数。

  • 山岸 伸/Yamagishi Shin

    カメラマン

    1950年生まれ。株式会社渡辺プロダクションの専属カメラマンを経て、平成元年に有限会社山岸伸を設立。俳優・歌手・アイドル・スポーツ選手・政財界など、ポートレートを中心に広告・写真集・グラビア・カレンダー・雑誌の表紙など幅広く活動。写真集は400冊以上出版。2016年日本写真協会作家賞受賞。とかち観光大使。日本写真家協会会員。

  • 山口 一彦/Yamaguchi Kazuhiko

    カメラマン

    東京都出身。室蘭をライフワークとして風景・人物を撮影。「室蘭」・「室蘭の顔」を全国巡回写真展、室蘭市民美術館で開催し同時に各写真集を出版。都内の路線バス車内で「走る室蘭」写真展開催。NHK室蘭特集に特別出演。軽井沢観光会館で「室蘭in軽井沢」写真展開催。室蘭民報社第1回「まち・ひと活力大賞」受賞。室蘭ふるさと大使・カレーラーメン大使に任命。日本写真家協会会員。

  • 室蘭市長 青山 剛

    室蘭商工会議所 会頭 栗林 和徳

    一般社団法人室蘭観光協会 会長 石橋 博信

エントリー

※参加受付期間を延長しました。8/1?8/31までにエントリーされた方は当選となります。近日中に郵送して資料をお送りいたします。
 

参加資格:プロ・アマ・国籍を問いません。
参加機材:デジタルカメラ(スマートフォンでも可)、フィルムカメラ
 ※ドローンで撮影した画像は応募できません。
参加費用:2,000円(税込)
定員:200名 ※応募多数の場合は抽選

応募作品は室蘭のPRに使用させていただきます。

みなさんが応募された作品は、室蘭に関連する出版物、ホームページ、広告、宣伝等で使用させていただきます。みなさんの視点で室蘭の魅力を切り取ってください。

作品の提出方法

「室蘭」について

室蘭港を中心にすり鉢状の地形をしている室蘭には、
北の大地ならではの自然美と
「鉄の町」ならではの工場群が共存しています。

室蘭の語源は、アイヌ語で「モ・ルエラニ(小さな・下り路という意味)」。
名前の通りとても坂道の多い場所のため
比較的コンパクトなエリアながらも少し歩くだけでもめまぐるしく景色が変わる、
「被写体」としての魅力にあふれた町です。

お問い合わせ

撮りフェス in 室蘭 実行委員会(一般社団法人室蘭観光協会内)
TEL0143-23-0102(8:00~19:00)
E-mailinfo@tori-fes.com

団体概要